仙台で会社設立する際に助けとなる専門家は?

【仙台で会社設立するのも大変】

仙台で会社設立を考えている方もいるでしょうが、株式会社の設立の流れを知っておくことも必要なことです。
なぜなら、どのようなことを決める必要があって、どのような手続きが必要になるのかを把握しておく必要があるからです。

まず、会社の商号(名前)・会社の目的・本店所在地を決定する必要があります。
その際に同一所在地で同じ目的を持つ類似した商号を登記することができないので、その点を注意する必要があります。
資本金・出資者・役員・会社組織・決算期・取引金融機関など、その他の会社内部事項なども併せて決定しておく必要があるのです。
それから一番厄介なのが定款の作成で、ある程度の専門的な知識が必要になるので、作成するのがとても大変です。
また、株主総会議事録や取締役会議事録など各種議事録、株式申込書や印鑑届出書などの書類も作成しておく必要があります。

作成した定款の成立・記載が正当な手続きでなされたことを証明して貰う必要があって、会社の本店所在地を管轄する法務局か地方法務局所属の公証役場で定款の認証を受けます。
定款の認証と共に設立登記申請に必要になるのが、口座通帳の写しなど資本金の振り込みを証明する書類です。
これら登記に必要となる書類の準備が全て完了したら、法務局への設立登記申請となります。

無事に法務局の審査が通れば、晴れて仙台での会社設立手続きの完了となりますが、設立後にも様々な手続きが必要となります。
税務署への届出や社会保険・労働保険に関する届出などを関係する役所にしなくてはなりません。
また、建設業など許認可が必要となる業種では、該当する許認可関連の手続きもしなくてはならないのです。
このように仙台で会社設立をするとなれば、数多くの書類を作成しなくてはなりませんし、様々な手続きが必要になってとても大変な作業になるのです。

【仙台での会社設立は自分でも可能なのか?】

新会社法の施行により株式会社の設立は以前よりは比較的簡単になりましたし、会社設立について解説されたホームページもたくさんありますし書籍も多数販売されています。
また、定款の雛型など必要となる書類に関しても官庁のホームページからダウンロードすることも可能で、これらを利用することで自分でも設立することは可能です。

しかし、先にも触れたように手続がいくら簡単になったとはいえ、会社設立の際には数多くの書類を作成して、公証役場や法務局に提出しなければならないのです。
それからある程度の専門的な知識も必要になるので、会社設立手続きを自分でやると時間がかかってしまいますし、大きな負担になってしまう可能性が高いのです。
また、設立には一定の要件があってそれを充たさなければせっかく手続きしても無効になってしまうことも考えられるのです。
そして効率よく進められないと思わぬ時間がかかって、当初予定していた設立日に間に合わなくなってしまう可能性もあります。
会社の設立日にこだわりがある場合には、大きな失敗につながることになります。
自分で行うことは決して無理ではありませんが、会社設立の専門家に依頼する方が賢い選択になるとも言えるのです。

【仙台で会社設立する際に専門家へ依頼する理由は?】

専門家へ依頼する大きな理由は、必要書類の作成や内容確認と言ったサポートが受けられることで、それによりスムーズな手続きが可能になる点です。
会社設立で一番重要なのは定款作成で、内容を良く理解して作成しないと後々不都合なことになることも考えられます。
単に雛型の定款を参考にして作成してしまうと、自分の会社でありながら思うようにならなく、仕事がしにくい会社になってしまうこともあり得るのです。
その点、専門家に依頼すればしっかりと内容を確認して、設立する会社に対応した定款作成が可能になるのです。

また、設立するために時間と労力がかかってしまうのが自分で設立するデメリットで、専門家に依頼することでそのデメリットが解消されるのです。
つまり、最初から専門家に依頼することでスムーズに会社設立ができて開業することができるのです。
ちなみに、専門家に依頼すると電子定款認証が可能になって、印紙代の4万円を削減することもできコスト面でのメリットもあるのです。
代行会社に相談してかんたんに合同会社を作った話

【仙台で円滑な会社設立と運営のために任せられる専門家は?】

会社設立には様々な書類の作成と法務局をはじめ各官公庁への届出が必要になります。
これらの手続きは、先にも触れたように自分で行うことも可能ですが、法律や税金の手続きは専門家に任せる方が無難です。
また、会社設立の手続きも重要なことですが、何よりも開業して会社の経営を軌道に乗せることの方が、将来的なことを考えると重要なことになります。
その為にも、会社設立当初から法律や税金の手続きに関しては専門家に任せて、自分がやるべきことに専念する方が大切と言えます。
専門家としては、司法書士・税理士・弁護士・行政書士・弁理士などがいるので、どのような仕事をするのかを理解して依頼を考えると良いです。