費用を比較してみるのも大事

仙台で会社設立するにあたっては、どのような書類を作成してどのような手続きが必要なのかは気になりますが、どの程度の費用が発生するのかも気になるという方も少なくないです。
仙台で会社設立する際に必ず発生する費用としては、 定款認証代・印紙代・登録免許税・登記簿謄本代・印鑑証明書代などがあります。
ただ、自分で手続きする場合と専門家に依頼するのとで、費用が違ってくるので比較する必要があります。
また、株式会社と合同会社でも違いがあるので、仙台で会社設立する際にどちらにするのかを比較する参考として知っておくと役立ちます。

仙台で株式会社を設立に発生する費用は、定款認証手数料が50,000円、定款印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円、証明書代が1通600円、印鑑証明書代が1通450円で、合計すると243,050円となります。
しかし、専門家に依頼すると定款が電子認証対応できることから、定款印紙代の40,000円が不要になるので、合計がその分安い203,050円になるのです。

一方、仙台で合同会社を設立に発生する費用は、株式会社と違って定款認証になるので定款印紙代の40,000円、登録免許税の60,000円、証明書代の1通600円、印鑑証明書代の1通450円となり、合計で101,050円になります。
また株式会社同様に専門家に依頼すると定款が電子認証対応できることから、定款印紙代の40,000円が不要になって、合計がその分安い61,050円になるのです。

株式会社の場合は自分で行うと243,050円、専門家に依頼すると203,050円で、合同会社の場合は自分で行うと101,050円、専門家に依頼すると61,050円です。
つまり、株式会社も合同会社も専門家に会社設立を依頼すると費用を抑えることができるのです。

このように比較して分かるように、自分で会社設立するよりも専門家が実施する代行サービスを利用した方が、費用が安く済むといったメリットがあるのです。
この点からも代行サービスを利用する方が賢い選択と考えられます。