会社設立する費用は会社の経費になるのか?

仙台で会社設立するにあたり会社設立前の費用は、個人が負担する費用なのか会社が負担する費用なのか悩む方もいます。
そして、まだ会社が設立されていない状態で発生した費用なので、会社の経費にすることは無理と考えてしまう方も少なくないです。
このように仙台で会社設立するにあたり、設立前の費用は会社の経費になるのか疑問に感じ方は、創立費と開業費というものについて理解しておくと役立ちます。
結論から言うと、仙台で会社設立するために必要な費用であれば、それが設立前に支払った費用であっても会社の経費にすることが可能なのです。

そこで、まず創立費というのは会社を設立するために使用した特別な費用のことで、会社設立する前に支出した費用は創立費として設立後に会社の経費として処理できます。
では特別な費用とはどのようなものが該当するのかというと、定款作成費用・設立登記に必要な登録免許税・会社設立に際して行政書士や司法書士等に支払う報酬・法人設立のために雇った人の給与などです。
その他にも会社設立計画のためにミーティングをした場合に支払った会場の利用料やそのミーティングの為に支払った電車代なども含まれてくるのです。
このような費用も創立費として計上できるので、仙台で会社設立しようと考えている方は、様々な領収証をきちんと残しておくと良いです。

もうひとつの開業費とは営業を開始するために使った特別な費用で、会社設立してから実際に営業をスタートするまでにかかった費用です。
特別な費用に該当するものは、オープンの案内状なとの宣伝費・営業開始のために実施する研修費用・市場調査の費用などです。
ただ、その期間の水道光熱費や従業員の給与など経常的な費用に関しては開業費には含まれないで注意が必要です。

このような創立費と開業費に該当するかどうかの判断や、実際に会社の経費として処理する方法などは難しいことも考えられます。
その為、専門家に相談する必要もあるので、会社設立する際には専門家の代行サービスを利用すると良いです。