弁護士に代行を依頼することは?

仙台で会社設立するにあたって、登記申請に関係する書類の作成や手続きを、全て自分で実施しようと考える方もいます。
ただ、専門家に依頼して代行する方が費用が掛からないというケースもあるので、そうしたサービスを利用することも検討してみると良いです。

会社設立の法人登記は司法書士の仕事なので、司法書士に依頼するのが一番と考える方も少なくないですが、弁護士や税理士が代行するという話もよく耳にします。
では、実際に登記の代行を弁護士や税理士が請け負うことが可能なのかというと、登記に関する書類・定款作成・代行などを司法書士に依頼したり契約を結んだりしていると可能なのです。
つまり、会社設立に関する代行サービスを弁護士事務所に依頼しても大丈夫なのです。

ただ、仙台で会社設立するにあたって弁護士事務所に依頼しなくても、司法書士に依頼すれば良いのではと疑問に感じる方もいます。
そこで弁護士事務所に依頼するメリットには、どのようなものがあるのかを知っておくと依頼する必要性も理解できます。

1つ目のメリットは、会社設立において問題が起こる前に、それを防ぐ仕事をしてくれる点です。
一般的なイメージとしては、裁判や訴訟と言った問題が起きた時に依頼する存在と考える方も多いでしょうが、会社設立に関しては多少違ってくるのです。
2つ目は、法的な決まり・事業に必要な認可取得・契約書の作り方など、会社設立後の様々な相談ができますし、指導をしてくれる心強い存在になる点です。
弁護士が常時フォローしてくれることで事業運営が安心してスムーズに進められるのです。
3つ目は2つ目と同様に社員雇用時の労務・株式総会に関すること・知的財産に関係することなどを、専門家の目で適切なアドバイスを受けられます。
4つ目は国や地方自治体が実施している助成金や補助金、資金繰りに関係するアドバイスもしてくれる点です。

このように、会社設立だけでなく会社を立ち上げて事業が順調に進むまでのことを考えた支援をしてくれるのが弁護士の仕事です。
これらの点を考えると仙台で会社設立するにあたって、弁護士に依頼する価値があると言えます。